sodatenikuikoのブログ

生きづらさ、不登校について、普通人になることの危うさについて、考えていきたいです。

子育て&自分の将来のために必要な情報(世の中を知る編)

こんにちは、HSC(超敏感な子)と、ごく普通の子を育てているおばさんです。

 

今回は、私が子育てをする上で必要だと思って集めている情報のうち、

世の中を知るために常にチェックしている情報について、紹介していきたいと思います。

 

まず、

安宅和人さんのTwitter

 

安宅和人さんは、

シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成

という本を2020年2月に出版されており、私も購入して読みました。

これから、日本の未来のために私たち日本人は何ができるのか、ということを考えさせられ、自分の行動の指針になると思います。

 

安宅和人さんのTwitterやnoteも、子育てや自分の日々の行動のヒントになっています。

 

 

次に、

②ちきりんさんのTwitterやブログ

 

お恥ずかしながら、私がちきりんさんのことを知ったのは割と最近ですが、

社会派ブロガーとして有名なちきりんさんのおっしゃることは、いつも参考にしています。

娘と会話をする際にも、ちきりんさんがこんなことを言っていた、書いていた、と話題にする時があります。

 

自分の生き方を設計していく上での考え方を学んだり、

これからの子どもに必要なものは何かと考えるヒントになったり、

日々の社会事情を考えるヒントになったりと、学びが多いです。

 

 

最後に、

The Economist というイギリスの雑誌

The Economist - World News, Politics, Economics, Business & Finance

 

日本生まれ日本育ち、留学経験なし、の私は、

大学卒業レベルの英語能力しかありませんが、背伸びをしてこの英文雑誌を数年前に読み始めました。興味のないところは飛ばしてしまうのですが…

 

世界はどう動いているのか、これからどう動いていきそうか、

世界の中で日本はどのように書かれているのか、

ということをおおよそ知ることができるので、理解できないところも多いですが。。。

自分の行動を考える上で、子どもを導く上でのヒントになっています。

 

 

 

以上、私が継続的に得ている情報源についてご紹介しました。

もちろん、そのほかにもいろいろな情報をチェックしていますが、

上記のものが、最近の自分の行動の指針となっているような気がします。

 

 

 

私と同じような情報を得ている方は、もしかしたら私と価値観が近いかもしれませんね。

全く違う情報を得ている方は、違う考え方を持っていて、私のブログは不快かもしれませんね。そうでありましたら申し訳ありません。

 

 

これだー!!これがこれからの私には必要なんだ!

これは子どもに伝えたいな!

と思う情報を得られると嬉しいですよね。

あまり変な惑わされる情報に左右されず、自分らしい生き方をしていきたいものです。

 

 

世の中のお父さんお母さん、

今日も子育てをがんばってくださり、本当にありがとうございます。

自分にとって有益な情報を得て、それを子どもの将来、日本の未来、世界の未来のために、活かしていきたいですね。

 

ヘトヘトに疲れていても、どん底の状態でも、

何か希望の種を見つけてがんばってきた私です。

希望の光が見えなかった状態でも、

勝手に希望の光を描きながらがんばってきた私です。

太陽が明日も昇って来てくれると思うと、

明日はなんとかなる、また違う自分と子どもがいると思えてしまうものですね。

 

私も、何か希望の種を誰かに届けられますように。