sodatenikuikoのブログ

生きづらさ、不登校について、普通人になることの危うさについて、考えていきたいです。

日本社会の『幸せのロールモデル』を壊したい(子育て&仕事両立編)

こんにちは、HSP(超敏感な子)とごく普通の子を育てているおばさんです。

 

今回は、日本社会で多くの人が持っている『幸せ』のイメージに縛られず、

自分だけの『幸せ』を考えて生きていこう、ということについて、

特に、子育てと仕事とを両立することについて考えていきたいと思います。

 

日本社会が持っている『子育てと仕事とを両立する幸せのロールモデル

とはどんなものかなと考えると。。。

 

普通に収入があり(高収入ならもっといいけど)

普通に結婚をして(高スペックな相手ならもっといいけど)高スペックって何?て感じですが…

普通の子が生まれ(できが良ければもっといいけど)できが良いって何?て感じですが

夫または妻は子育てにとても協力的で

仕事も子育ても順調です

みたいな感じでしょうか。。。

 

この幸せのロールモデルを壊すためには、

収入が少なくても子育ての費用に困らず

結婚していなくても子育てに苦労することはなく、離婚したとしても子育てに苦労することはなく、

いわゆる普通から外れた子どもでも子育てに苦労することはなく(だいたい普通の子なって何?)

パートナー以外の外部の援助がたくさん苦労することなく受けられて、

といったことが必要であり、

私は何よりも、子育てには大変な労力とお金がいるといったことを、

もっともっとみんなが理解する必要があるのではないか??と思います。

 

いわゆる普通の幸せ、から外れても快適に過ごせるように、

日本政府にいろいろな社会制度や法律を整えてもらわなければなりませんが、

子どもを育てることはとてもとても生産性の悪いもの

でも、何よりも未来にとって大切なものだとみんなが認識すれば、

どのような生き方をしても子どもに負担がいかないように、みんなが考えてみんなが協力的になるでしょう。

 

個人的には、私の子どもが子どもを持ちたいと思った際に、

結婚しなくてもパートナーと子どもを育てる、

結婚とか離婚とか言っていないで、自分の生き方に応じてパートナーと子どもを育てる、

といった欧米ではわりと当たり前のことが、日本でも一般的になってくれるといいなと思います。

下記の雑誌によると、その方が子どもにも負担がかからないようです。

Divorce in the rich world is getting less nasty | The Economist

 

 

子育てをがんばっている、もしくはがんばってきたお父さんお母さんが、

発信をたくさんして、日本社会を変えていけたらいいですね。

 

お父さんお母さん、今日も明日も希望を持ってがんばっていきましょう!